これからの時代トイレを丁寧に設計することが非常に求められてきています。

最近は、男トイレ、女子トイレだけではなく
LGBTQの方への配慮が課題となっていたり
多目的トイレが混雑していまうことも問題になっています。

世の中にもっと可愛く楽しいトイレを増やし
出掛けることを楽しくしたいと考えています。

トイレは、そのトイレを使う方の個性がでる場所です。

植松千明建築事務所では
その個性にフォーカスし、より豊かなトイレ空間を目指します。

ートイレデザインでフォーカスするパーソナルー

トイレ設計の流れ

丁寧なヒアリングを行い、課題やゴールを共有しながら設計を進めていきます。
LGBTQのトイレの配慮女子トイレ混雑緩和対策やスペシャルなニーズへの対応もお受けできます。

トイレ改修をお考えの法人様

商業施設などで綺麗なトイレが
常識になってきています。
それだけトイレの集客効果は高いのです。
特に女性は、同じような施設の場合
トイレが綺麗な方に行きます。
和式から洋式に変えるだけでなく
その一歩先のトイレを目指しませんか?

トイレは、その利用者の顔がみえる場所でもあります。
事業用建物に関してはトイレを通して利用者への配慮を確認できるところでもあります。

設計事務所・工務店向けのトイレ計画・トイレ改修

照明設計や外構設計のように
トイレ設計も外注してみませんか?
特に、女子トイレは女性の建築家に任せてみませんか。
建物の用途によって女性は
女子トイレの中の行動が変わってきます。
フックの高さ一つにしても使いやすい高さがあります。
パウダーコーナーの有無や設計やメイクがしやすい提案ができます。
設計事務所の所員が男性しかいなく、
女性のみの学校や女性利用者の比率が多い建物の設計でもご協力できます。

お問合せいただいた方に資料送付しておりますので、ご興味のある方はお問合せください。

©2021 植松千明建築事務所